いい本屋 COME HITHERは、兵庫県神戸市東灘区岡本にある児童書専門店です。
住宅街の一角にある本屋です。
ぜひお気軽にお越しください。

いい本屋 COME HITHER

<6月のおすすめの本>

山のトムさん

『山のトムさん ほか一篇』
石井桃子作
深沢紅子・箕田源二郎画
福音館文庫

トムをほめる歌

トムさん、おまえは、もう九つ。
長さは、前後の両足を、 
ぐっとのばして、障子のはば。
重さは、おなかぺこぺこの
ときで、一貫五十です。
ネズミなんかは、あいてじゃない。
ウサギもヘビも、くるならこい!
なんのおそるることやあらん。
トムこそ、お山の大将です。
でも、おぼえてはいませんか、
小鳥のように手のひらや、
人形のふとんでねたことを?
さあ、日だまりのえんがわで、
タヌキねいりなんかしてないで、
ちょっとこっちへおいでなさい。
ここに、あなたの本があります。

 戦争がすんで、まもなくのころ、北国のある山あいに、ぽつりぽつり、開墾の人たちの家ができました。その一軒へ、トシちゃんと、トシちゃんのおかあさんと、おかあさんの友だちのハナおばさんと、おばさんの甥のアキラさんと、────それから、たくさんのネズミが、ひっこしてきました。

 ネズミ退治のため、もらわれてきた子ねこのトム。ところがトムは一匹のネズミも取りません…四人と一匹の山の暮らしが生き生きと描かれています。
 文庫本になった時に、収録された「パチンコ玉のテボちゃん」も大好きなお話です。

<6月の詩>

改訂版 ある子どもの詩の庭で

「大きくなったら」

大きくなって、家をもったら、
ぼくはえらくて、自信たっぷり。
そしたらぼくは言うんだ、みんなに、
ぼくのおもちゃであそんじゃダメって。


改訂版『ある子どもの詩の庭で』
ロバート・ルイス・スティーヴンソン詩
イーヴ・ガーネット絵
間崎ルリ子訳
瑞雲舎

<5月の俳句>

ツツドリ(六甲山) Photo by WAKO

キウイの花 Photo by Maki

人待てば きよとんと梅雨の 鴉かな
                 井伊恒子
ページのトップへ戻る